≪調布市ソフトボール連盟40年のあゆみ≫

調布市ソフトボール連盟は、昭和50年(1975)に寺山伝三郎氏を会長に結成されました。発足時においては、職場のサークルを主体に構成され、その後は中高年を中心にPTA・自治会・商店仲間の人々で構成の輪をひろげて来ました。                            その間に、昭和53年には女子部が都民大会で優勝、57年には東京都体育協会表彰を、受賞するなど、輝かしい成績をおさめてきました。                           その後、会長を村上精二氏、理事長矢ヶ崎次郎氏、村上八郎氏らが引き継ぎ、ソフトボールのもつおもしろさとスリルと感動は、チーム内の人々の結びつきから、さらに地域密着の方向へ進んだスポーツとして、発展してきました。                               また、市民体育祭の一環として始まったソフトボール大会も、今では、春・夏・秋の3大会が開催されるようにになり、参加チームも増加の一途をたどっています。                平成11年に、加藤実三氏が会長を務め、理事長に吉田信夫氏と、役員を一新して、現在に至っています。                                          年々増加する参加チームも、現在では50チームを越え、平成17年度よりSリーグが新設され、1部・2部・3部・女子部に加え、5部構成となり質と技術の向上が図られて、大会はさらなる盛り上がりを見せています。                                   17年の都民大会において、石原都知事より、体育功労賞を授与され、18年度からは、秋の大会(市民体育祭)を年代別競技に替え、また新たな大会と発展を続けています。           平成24年には参加チームもついに60チームを超え、平成25年・26年調布エンジェルスが東京都秋季大会2年連続優勝と言う輝かしい記録を作り、その他のチームも盛り上がりを見せています。 平成27年、この年から加藤会長が相談役に退いて、下記の新体制でまた新たな第一歩を踏み出しました。新しい試みとして、女子チーム(各チーム内の女子にお声がけ)オール調布を結成致しました。また、全日本や東京都の大会を三鷹と調布で開催する経験も致しました。今年あらたに舛添東京都知事よりスポーツ団体功労賞をいただき、無事、年度を終えることができました。

         

平成30年度調布市ソフトボール連盟は、新体制で更なる発展を目指しています。

役 員

役 名 氏 名
名誉会長 加藤 実三  
会 長 山本 隆  
副会長 伊藤 金三  
理事長 鈴木 健 東京都ソフトボール協会 理事
支部長・審判部長 小倉 一浩 東京都ソフトボール協会  壮年大会委員長
事務局長 小笠原和則 東京都ソフトボール協会 評議員・連絡責任者
     

ほか、15名の理事と共に、大会運営等に取り組んでいます。